楽天EdyはnanacoやWAONと何が違う?楽天Edyを使うメリットと3つの徹底活用方法

楽天EdyってnanacoやWAONと何が違うの?と疑問に思ったことはありませんか?

楽天Edyならではのメリットがあれば使ってみたいと思いませんか?

わたしはnanacoと楽天Edyの2つを使っているのですが、ユーザー目線でこれらの電子マネーの違いやメリットをお伝えしていきます。

これで楽天Edyを使う理由や魅力を知り、納得した上で楽天Edyが使えるようになります。

スポンサーリンク
336*280

そもそも楽天Edyとは?

楽天Edyとは楽天Edy株式会社が提供する電子マネーです。

形態は大きく分けて

・Edy-楽天ポイントカード:Edyと楽天ポイントカードが一緒になったプラスチックカード

・(Edy機能付き)楽天カード:Edyと楽天ポイントカードと楽天カードが一緒になったプラスチックカード



・おサイフケータイ

の3つがあります。

これから楽天Edyを始める人に向いているのは「(Edy機能付き)楽天カード」がもっともわかりやすくておすすめです。

その理由は「これから楽天Edyを始める人に楽天カードをおすすめする3つの理由」でご確認ください。

楽天Edyはプリペイド型?ポストペイ型?

楽天Edyはチャージ式の電子マネーなのでプリペイド型に分類されます。

同じプリペイド型の電子マネーにはnanacoやWAON、Suicaなどがあり、現金からでもチャージできるのが特徴です。

一方ポストペイ型の電子マネーにはiDやQUIKPayがあり、クレジットカードとの紐づけが必須となっているため現金からチャージすることができないデメリットがあります。

楽天Edyは現金からでもチャージすることができるのでみんなに優しい電子マネーであると言えます。

プリペイド型とポストペイ型の基礎的なことやそれぞれの違いが知りたいならこちらの記事がおすすめです。
>>今さら聞けない電子マネー!プリペイドとポストペイの違いとメリットデメリットを解説

nanacoやWAONと何が違うの?楽天Edyを使うメリットは?

楽天Edyは、nanacoやWAONとは使えるお店が異なります。

まずはそれぞれの電子マネーが使えるお店をざっと確認してみてください。

【nanacoが使えるお店】

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • デニーズ
  • 西武/そごう
  • ヨークマート
  • エッソ

【WAONが使えるお店】

  • イオングループ
  • ダイエー
  • マックスバリュ
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ウエルシア
  • ハックドラッグ
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • マクドナルド
  • 𠮷野家
  • コメダ珈琲
  • 上島珈琲
  • キッチンオリジン
  • どん亭

【楽天Edyが使えるお店】

  • セブンイレブン
  • ローソン(2018年5月31日までローソンで楽天Edyを使うとポイント2倍)
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ(楽天Edyだけ)
  • イトーヨーカドー
  • サミット(楽天Edyだけ)
  • ワイズマート(楽天Edyだけ)
  • マツモトキヨシ(楽天Edyだけ)
  • くすりの福太郎
  • ツルハドラッグ
  • ウエルシア
  • マクドナルド
  • ガスト、バーミヤン、ジョナサン等のすかいらーくグループ(楽天Edyだけ)
  • ロイヤルホスト(楽天Edyだけ)
  • エッソ
  • 宇佐美SS(楽天Edyだけ)

このように一覧にしてみると楽天Edyが使えるお店が多いことがおわかりいただけると思います。

各社のプレスリリースを元に発行枚数と利用店舗数を比較してみると一目瞭然です。

発行枚数 加盟店数
nanaco 5,350万枚 23万か所
WAON 5,610万枚 24万5千か所
楽天Edy 1億枚 50万か所

WAONを使っているけれどセブンイレブンで使えなくて仕方なく現金で支払ったという経験はありませんか?

逆にnanacoをローソンやファミリーマートで使えなくて不便な思いをした人もいらっしゃるかもしれません。

発行枚数や使えるお店の数からすると当然の結果だということがわかります。

つまり楽天Edyは、nanacoとWAONの「いいとこ取り」の電子マネーなんです。

【楽天Edyを使うメリットは?】
使える店舗が幅広いから1枚持っておくと安心♪

支払いとチャージでポイントが貯まる

楽天Edyは「Edy支払い」と「クレジットカードからのチャージ」のダブルでポイントを貯めることができます。

これはnanacoやWAONも同じですね。

ただし、クレジットカードからチャージする場合は楽天Edyへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを選ぶようにしないと、いくらカードからチャージしてもポイントが貯まらないので要注意です。

今使っているクレジットカードが楽天Edyへのチャージでポイントが貯まるかどうかは、下記のような言葉で検索してみてください。

〇〇カード 楽天Edy ポイント

「調べたけれどよくわからない…」という場合はぶっちゃけ、年会費無料の楽天カードを作ってしまったほうが早いです。

楽天カードなら同じグループ会社なので確実にカードからのチャージでポイントが貯まるからです。
楽天カードの詳細はこちら

これから楽天Edyを始める人に楽天カードをおすすめする3つの理由

これから楽天Edyを始める人に「楽天カード」をおすすめする理由を3つご紹介します。

理由1.楽天カードがあれば楽天ポイントを楽天Edyにチャージすることができるから

楽天カードがあれば、Edy支払いや楽天市場のお買い物で貯まった楽天ポイントを楽天Edyにチャージして再び使えるようになります。

これはおサイフケータイでもOKですが、アプリをインストールしたり各種設定をしたりと何かと面倒な作業が多くなります。

その点、Edy機能付き楽天カードなら誰でもカンタンに楽天ポイントをEdyへチャージできるので楽天Edy初心者にぴったりなんです。

なんなら、楽天ポイントのまま直接ポイント払いをすることもできます(くら寿司やマクドナルド等)。

nanacoやWAONはポイントから電子マネーへの交換が必須ですが、楽天の場合はポイントのままで支払うこともできる楽天Edyへチャージして使うこともできるので、本当に便利です。

理由2.楽天カード以外のクレジットカードからチャージしようとすると対応機器の用意が必要だから

楽天カード以外のクレジットカードからでも楽天Edyへチャージすることができますが、

  • おサイフケータイに対応している機器
  • 楽天Edyリーダー
  • パソリやFelicaポート
  • Edyチャージアプリに対応した携帯端末

といった対応機器の準備が必要です。

しかし!

楽天カードがあれば、これらの対応機器を用意することなく今すぐ楽天Edyを始めることができます。本当にカンタンです!

理由3.楽天カード限定のEdyチャージキャンペーンがあるから

楽天カード限定のEdyチャージキャンペーンならもっとお得に楽天Edyを楽しむことができます。

楽天カード以外のクレジットカードでも楽天Edyへチャージすることはできますが(2回目)、こんなにお得なキャンペーンを利用できるのは楽天カードだけです。

例えば「もれなくチャージ額の2%分のEdyプレゼント」は、チャージ金額の2%をおまけでもらうことができます。

他にも「合計3,000円以上チャージするだけでもれなく100ポイント」がもらえるキャンペーンもあります。

さらにローソンで楽天Edy払いをするとポイントが2倍になるキャンペーンもやっています。

これらのキャンペーンは同時進行なので、例えば3,000円を楽天カードから楽天Edyへチャージするだけで「もれなくチャージ額の2%分のEdyプレゼント」と「合計3,000円以上チャージするだけでもれなく100ポイント」の両方が適用されることになります。

この場合だと、合計160ポイント(3,000円の2%分の60ポイントともれなく100ポイント)の2つをもらうことができて1ポイント1円で使えるので、ただチャージするだけでペットボトル1本分が無料で買えることになります♪やったね!

さいごに

楽天Edyを使うメリットをnanacoやWAONと比較しながらご紹介しました。

せっかくこの記事を最後までお読みいただいたからには、楽天Edyのメリットと徹底活用方法3つを是非覚えておいてください。

  • 楽天Edyを使うメリットは「抜群の安心感(使える店舗数が圧倒的に多い)」
  • 楽天Edyの徹底活用法1:楽天カードと組み合わせれば支払いとチャージで確実に楽天ポイントが貯まる
  • 楽天Edyの徹底活用法2:楽天カードがあれば今すぐ楽天Edyを始めることができる
  • 楽天Edyの徹底活用法3:楽天カード所有者限定の楽天Edyキャンペーンでもっとお得にEdyを楽しむことができる

個人的には、すかいらーくグループのレストランで楽天Edyが使えるのがけっこう嬉しかったりします。

ステーキガストのサラダバーは我が家の子どもたち一押しです笑

楽天Edyに興味のある人はこちらの記事も参考になります。
>>楽天カードと楽天Edyと楽天ポイントのどれが一番お得に支払える?

今日は何位かな?クリックして確認!
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ