ETCカードは要らないと思っている人こそ持つべき理由とおすすめETCカード

自動車を持っていないからETCカードは必要ないと思っていませんか?

たしかに普段の生活で自動車に乗る機会が少なければETCカードを持っていても意味がないと思うかもしれません。

しかし最近のレンタカーにはETCカード車載器が標準装備されているものがほとんどです。

旅先やカーシェアリングでレンタカーを運転するようなことがあれば、ETCカードで高速道路の通行料金を安くすることができるようになります。

そのため、運転できるけどETCカードを持っていない下記のような方は時間のあるときにETCカードを作っておくことをおすすめします。

・上京する時に実家に自動車を置いてきた人

・普段は助手席に乗ることが多い人

・電車やバスの移動がメインの人

この記事では普段あまり車に乗らない人がETCカードを持っておいた方がいい理由とETCカードの選び方、おすすめのETCカードをご紹介します。

これで自分がどのETCカードを持つと一番お得なのかがわかるようになります。

スポンサーリンク
336*280

ETCカードは要らないと思っている人こそETCカードを持つべき3つの理由

アウトレットやショッピングモールは郊外にあることが多いから

アウトレットやIKEA、ららぽーと、イオンモール、コストコなどは高速を使うような郊外に立地していることが多いです。

高速を使わずとも自動車でお出かけすることが前提となっていることが多く、最寄り駅から出ているシャトルバスの本数が少なかったりするなど、何かと不便を強いられる確率が高くなります。

大型商品を購入すると後日配送になってしまうから

郊外のお出かけスポットへ電車やバスで出かけたとしても、

・IKEAでお買い得な家具を見つけてしまった・・・

・電車とバスで持ち帰れなくはないがかなり目立つ笑

なんていうことにならないようにするためにも、レンタカーやカーシェアリングでお出かけしたいところです。

もちろん配送サービスを利用する方法もありますが、後日配送になってしまう上に配達地域によっては配送料がレンタカー+高速料金よりも高くなる可能性もあります。

コストコでプルコギ(生肉)や冷凍ケーキを思わず買ってしまってもクール便で配送してもらうことができますが、買ってすぐに食べられない我慢を強いられることになります。

旅先で高速を使わないとナビの不可解なルートで大渋滞に巻き込まれてせっかくの旅行が台無しになるから

旅先の知らない道を走るのは楽しいものですが、

・地元ならではのローカルルールでうまく合流できない

・普段見慣れない路面電車やバス優先の時間帯を知らずに反則金をとられてしまう

・搭載されているナビとの相性が悪く何度も再検索で迂回ルートを提示されてイライラ

・結果大渋滞に巻き込まれ予定していたチェックイン時間を大幅に過ぎて夕食もキャンセル扱い

・ETCカードを持っていないばかりに高速に乗ることをためらってしまった(だってETC専用ゲートを通れないなんてダサすぎる!)

なんていうことになりかねません笑

ETCカードは要らないと思っている人は万が一に備えてETCカードを作っておくのがおすすめ

普段あまり車に乗らない人でも、レンタカーやカーシェアリングを利用する機会はあるはずです。

せっかくレンタカーにETC車載器が標準搭載されているのに、ETCカードがないばかりに休日割引や平日朝夕割引が受けられないなんてもったいないです。

万が一の機会に備えて、時間のあるときにETCカードを作っておくことをおすすめします。

普段あまり車に乗らない人向けのETCカードの選び方

普段あまり車に乗らない人がETCカードを作るときは、

・年会費がかからないか

・走行距離が短くてもポイントが貯まりやすいか

・貯まったポイントが使いやすいか

・ETC利用以外でもお得なメリットがあるか

という4つの基準で選ぶようにするのがポイントです。

それぞれの基準についてどのように気をつければいいのかを詳しくみていきましょう。

年会費がかからないか

普段あまり車に乗らない人なら、

ETCカードの年会費がかからないものが絶対条件

であることは言うまでもありません。

そしてもう1つ気を付けたいのが、ETCカードは単独で持つことができず、クレジットカードとセットで持たなければならないということです。

そのため、セットで持つクレジットカードも年会費無料のものを選ぶようにしないと結果的に損をすることになってしまいます。

ETCカードの年会費だけでなくクレジットカードも0円で持つことができるのかをしっかりと確認するようにしましょう。

走行距離が短くてもポイントが貯まりやすいか

走行距離が短くてもポイントが貯まりやすいETCカードを選ぶようにしましょう。

ETCカードで利用したETC料金は、セットで持つクレジットカードによってポイントの貯まり方が異なります。

例えば100円で1ポイントが貯まるクレジットカードなら片道300円の高速利用でも3ポイントが貯まることになります。

しかし、1,000円で1ポイントが貯まるクレジットカードの場合は片道300円の通行料金は1,000円未満の端数になってしまうためポイントを貯めることができなくなってしまいます。

片道3,000円といった長距離の高速料金を支払うのであれば問題ありませんが、短距離区間を頻繁に運転する人なら走行距離が短くてもポイントが貯まりやすいクレジットカードを選んだほうがお得です。

貯まったポイントが使いやすいか

貯まったポイントが使いやすいかという点も重要です。

なぜなら、せっかく貯めたポイントを上手く活用できなければお得にETC料金を支払ったことにはならないからです。

特に貯まったポイントが〇ポイント以上でなければ使えないというクレジットカードの場合は、ポイントの有効期限が切れてしまうかもしれません。

いくら年会費無料のクレジットカードでもポイントの有効期限が切れてしまっては意味がありませんから、1ポイント以上から使えるクレジットカードを選ぶようにしましょう。

ETC利用以外でもお得なメリットがあるか

ETC利用以外でもお得なメリットがあるかも確認しておくようにしましょう。

特に普段お買い物をする店舗で割引優待やポイント優遇があるクレジットカードなら、たまにしか運転しない人でも毎日の生活でお得感を楽しめるようになります。

それでは次に、ここまでお伝えした4つの基準をクリアしたクレジットカードをご紹介します。

普段あまり車に乗らない人におすすめのETCカード

普段あまり車に乗らない人におすすめのETCカードには、

・エポスカード

・イオンカード

の2つがあります。それぞれのクレジットカードについて詳しく解説していきます。

エポスカードをおすすめする理由とは?

エポスカードには、

・ETCカードとクレジットカードの年会費が無料

・200円ごとに1ポイントが貯まる

・プリペイドカードへチャージすれば1ポイントから使える

・年4回あるマルイのセールで10%OFFになる

というメリットがあるので、たまにしか運転しない人でもお得にETCカードを持つことができます。

さらにポイントアップサイト「たまるマーケット」を利用すれば普段のネットショッピングでポイントが最大30倍になる嬉しい特典もあります。

ポイント優待サービス「選べるポイントアップショップ」を利用すればETC通行料金でポイント加算を3倍(200円で3ポイント)にすることも可能です。

選べるポイントアップショップに関する詳しい記事はこちらでまとめています。

今なら新規入会キャンペーンで最大8,000円分のポイントがもらえて、マルイでの店頭受け取りにすれば最短即日発行で受け取ることも可能です。

エポスカードは74種類から選ぶこともできるので、せっかくカードを作るならこだわりのあるデザインにしたいという方にぴったりです。



>>【エポスカード公式】今すぐこちらからチェック

イオンカードをおすすめする理由とは?

イオンカードをおすすめする理由は、

・ETCカードとクレジットカードの年会費が無料

・200円ごとに1ポイントが貯まる

・毎月20日と30日のお客さま感謝デーで5%OFF

・イオングループ店舗でいつでもポイント2倍

というカード特典が挙げられます。

イオンカードの利用で貯まるときめきポイントは1,000ポイント以上にならないとポイント交換できないというデメリットがありますが、今なら新規入会キャンペーンで最大6,000円分のポイントがもらえるのでいつでもポイント交換可能な状態でイオンカードとETCカードを持つことができます。

普段イオンでよくお買い物をする人ならイオンカード専用のETCカードを持つのがおすすめです。



>>【イオンカード公式】キャンペーン詳細・カードお申込みはこちら

ETC車載器を安く購入する方法

たまーに乗る実家の車にETC車載器が搭載されていない!という方におすすめなのがこちらの商品です。

セットアップ込みで税込6,000円以下で、取り付けも自分でできちゃいます。

これわたしも買いました笑

車検証や依頼書の画像を送付するだけでセットアップしてもらえるのでカンタンです。

「ETC車載器 取り付け」で動画検索すれば、YouTuberさんが丁寧に教えてくださいます笑

商品レビューがすごいです。皆さん褒めまくっててウソかと思いましたが本当でした笑

さいごに

沖縄旅行に行ってきた時もレンタカーを借りて高速道路を利用したので、お得にポイントを貯めることができました。

ETCマイレージに登録しておくと支払った通行料金でポイントを貯めることができ、貯めたポイントをETC通行料金として使うこともできるので、ETCカードを作ったらETCマイレージに登録するのがおすすめです。

実際にどれくらいのポイントが貯まったのかはこちらの記事で確認できます。

ETCカードがあるだけで平日朝夕割引や休日割引が適用されてお得です!
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする