スーパーでのクレジットカード払いは意外と簡単!2つのマル秘テクニック

スーパーのお買い物でクレジットカードを使うのは、恥ずかしいと思っていませんか?

たった1,000円未満のお買い物でクレジットカードを使うのは、申し訳ないと思っていませんか?

ちなみにわたしは、ポイントが付く100円以上のお買い物であれば158円のちょっとしたお買い物でもクレジットカードで支払っています。

スーパーでの少額のお買い物にクレジットカードを使うことは、恥ずかしいことでもないですし、申し訳なく思う必要もありません。

今回ご紹介する2つのマル秘テクニックがあれば、スーパーでのお買い物がもっとお得になります!

スポンサーリンク
336*280

クレジットカードが使えるスーパーで現金払いをすると損をしている

2つのマル秘テクニックをご紹介する前に、まず知っておきたいことがあります。

それは、クレジットカードが使えるスーパーで現金払いをすると損をしているということです。

なぜかというと、クレジットカードが使えるお店は決済手数料をクレジットカード会社へ支払っているからです。

クレジットカード払いは1回払いや2回払い、ボーナス一括払いには手数料がかからないのが普通です。

3回以上の分割払いをすると、ようやくカード利用者が手数料を負担することになりますが、1回払いをしているときにも、実は手数料がかかっています。

1回払いをしたときにもかかる手数料ですが、その手数料を負担してくれているのは他でもない、そのお店(今回の話だとスーパー)なんですよね。

なぜ決済手数料を負担してまでクレジットカード払いに対応してくれるのか?

ではなぜスーパーは、本来お客が払うべき決済手数料を負担してまで、クレジットカード払いに対応してくれるのでしょうか?

それは、より多くのお客さんに利用してもらう機会を増やすためです。

クレジットカードが使えれば、まとめ買いしてもらうチャンスが増えます。

まとめ買いしてくれるお客さんが増えれば、スーパーの売上はどんどん上がります

お客さんも、クレジットカード利用のポイントが貯まってお得にお買い物をすることができます。

まさに三方良し!

このような嬉しい循環のために、スーパーは決済手数料を負担してくれているのです。

販売商品には決済手数料が上乗せされている

「お客さんが本来支払うべき決済手数料を店舗が負担している」ということは・・・

販売商品をそれほど大幅に安くできないことになります。

現金払いしか対応していない激安スーパーは、だいたいクレジットカードが使えません。

ということはつまり、

クレジットカードが使えるスーパーで現金払いをすると損をしている

ということになります。

クレジットカードが使えるお店で現金払いをすると損をしている理由がわかったら、次に2つのマル秘テクニックをご紹介します。

スーパーでクレジットカードを使うことに抵抗がある人が知っておきたい2つのマル秘テクニック

スーパーでクレジットカードを使うことに抵抗がある人が知っておきたい2つのマル秘テクニックとは、

  1. セルフレジが導入されているスーパーを利用する
  2. 電子マネーで支払う

です。

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

セルフレジが導入されているスーパーを利用する

セルフレジが導入されているスーパーなら、気兼ねなくクレジットカードを使うことができます。

セルフレジには、

  • 商品スキャンもする必要がある完全型セルフレジ
  • お会計だけ自分で行う部分型セルフレジ

の2種類があります。

お会計だけ自分で行う部分型セルフレジなら、店員さんに商品をスキャンしてもらえるのでとっても便利です。

電子マネーで支払う

電子マネーに対応している店舗なら、電子マネー決済がお得です。

電子マネーで支払う場合は、クレジットカードチャージするともっとお得になります。

なぜなら、クレジットカードチャージポイントと電子マネー利用ポイントの2つをダブルで貯めることができるからです。

  • クレジットカードから電子マネーでチャージ→チャージポイントが貯まる!
  • 電子マネーを利用する→電子マネー利用ポイントが貯まる!

そしてクレジットカードのチャージポイントは電子マネーへ交換することができるので、無駄なく使い切ることができるのも嬉しいポイントです♪

電子マネーnanacoの場合

電子マネーnanacoへクレジットカードからチャージする場合は、

  • セブンカードプラス
  • YJカード(Yahoo!JAPANカード)
  • リクルートカード

の3種類があります。

もしTポイントを集中的に貯めているなら、YJカードがおすすめです。

クレジットカード利用ポイントがそのままTポイントになるので、ポイント交換する手間をかけずにそのまま使うことができるからです。



>>新規入会キャンペーン中のYJカードはこちらから

楽天Edyの場合

楽天Edyへのチャージは、断然楽天カードがおすすめです。

たとえば、楽天カードから楽天Edyへ5,000円チャージするだけで、50ポイントが貯まります。

そして楽天Edyで5,000円のお買い物をすると、25ポイントが貯まります。

たったこれだけで75ポイントを貯めることができるようになるのです。



>>顧客満足度調査8年連続No.1の楽天カードは絶対に持っておくべき

現金払いにしか対応していないスーパーは?

現金払いにしか対応していないスーパーは、

  • ビッグエー
  • 業務スーパー
  • 肉のハナマサ
  • コストコ(※マスターカードならOK)

などがあります。

これらのスーパーでは、クレジットカードが使えなくても十分お得にお買い物をすることができます。

コストコで使えるアメリカン・エキスプレスカードについては、こちらの記事でご確認いただけます。(※アメックスは2018年1月31日までとなっており2018年2月1日以降は使えないのでご注意ください。)
セゾンカードは西友やLIVINでお得!メリットデメリットやオススメカードを解説

スーパー別おすすめのクレジットカード

スーパーによってお得になるクレジットカードをご紹介します。

マルエツの場合

マルエツでお得になるクレジットカードは、以下の記事で詳しく解説しています。

西友やLIVINの場合

西友やLIVINでのお買い物がお得になるクレジットカードは、こちらの記事がオススメです。

まとめ!

クレジットカード決済を導入しているスーパーで現金でお買い物をすることは、とっても損をしています!

スーパーでのクレジットカード払いは恥ずかしいとか申し訳ないと思っている人でも、

  • セルフレジを導入しているスーパーへ行く
  • 電子マネーで支払う

という2つのマル秘テクニックを使えば、現金以外の方法で支払うことがカンタンだと実感できるようになります♪

参考になった!と思われたらクリックしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ