楽天Edyのオートチャージは必要ないと思っていた私がついに設定した4つの理由

こちらの記事でプリペイド式の電子マネーにおける「オートチャージ機能」を全否定しておりましたが、

このたび、当方の楽天Edyにオートチャージ機能を設定する運びとなったことをご報告申し上げます笑

なぜあれほど頑なに「オートチャージ機能」を拒否していたのかと、設定することにした理由についてお伝えします。

楽天Edyのオートチャージ機能は必要ないと思っていたり、オートチャージ機能の設定を躊躇している方に是非お読みいただきたいと思います。

スポンサーリンク
336*280

楽天Edyのオートチャージ機能は必要ないと思っていた理由3つ

楽天Edyのオートチャージ機能は必要ないと思っていた理由には、

  • 使い過ぎて無駄遣いが増えてしまうと思ったから
  • 楽天カードのEdyキャンペーンが適用できなくなると勘違いしていたから
  • 楽天カードのEdyキャンペーンの過剰さに軽く引いていたから

というものがあります。

それぞれの理由を詳しく述べていきます。

使い過ぎて無駄遣いが増えてしまうと思ったから

オートチャージ機能を設定しなかった一番の理由は「使い過ぎてしまうと思ったから」です。

例えば「1,000円以下になったら3,000円を自動でチャージする」というオートチャージ機能を設定したら、自分が今いくら使っているのかを把握することなく、じゃんじゃん使えることになってしまいます。

そんなことを言ったら「クレジットカードも同じ」という理屈になってしまうのですが、「クレジットカード=後払い(借金)」という意識で使っているので、たとえ数百円のお買い物であったとしても「(これは本当に必要なお買い物なのか…?)」という自制効果が働くんですよね。

それに比べて電子マネーは基本的に即時決済なので、現金と同じ感覚で支払ってしまいます。

その性質にオートチャージ機能を搭載させてしまうと「(残高足りてるかな?まいっか、どうせオートチャージされるし♪)」という感じで、危機管理意識がどんどん低くなることが考えられます。

楽天カードのEdyキャンペーンが適用できなくなると勘違いしていたから

楽天カードはEdyに関するさまざまなキャンペーンを実施しているのですが、オートチャージを設定してしまうとキャンペーンが適用されなくなってしまうと勘違いしていました。

例えば「楽天カードでEdyチャージするとポイント2倍キャンペーン」ですが、

もしキャンペーンが始まる前にオートチャージ機能で1万円チャージしてしまったら肝心のキャンペーン期間中にチャージが発生しないことになります。

例えばこのキャンペーンは2018年5月23日0:00から開始しているのですが、開始前日に1万円チャージして1,000円以下にならないとオートチャージしないという設定だったら、けっこう残高が残っているのに手動で1万円をチャージすることになるので、そんなにEdyを使わないのにポイントのためだけに残高が増えてもったいないと思っていたんです。

いつオートチャージ機能が動作するのかは、設定金額や利用金額、頻度によって左右されるので、キャンペーンがうまく活用できないのではないかと思っていました。

しかし設定金額によってこの状況を回避できることが分かったので、後述の「楽天Edyのオートチャージ機能を設定することにした理由4つ」で詳しく解説します。

楽天カードのEdyキャンペーンの過剰さに軽く引いていたから

楽天カードのキャンペーンって「自動リボでもれなく2,000ポイント」とか「キャッシング利用で3,000ポイント」とかが多いのですが、それと同じくらい「Edyのオートチャージ設定」に関するキャンペーンが多いなと感じていました。

繰り出されるキャンペーンが多いと、カードユーザーとしては「ポイントで釣られても結局手数料で損をする仕組みなんだろうな」と警戒してしまうわけです。

しかしオートチャージを設定してもリボ払いのように手数料がかかることはありませんし、楽天Edyが使えるお店を積極的に活用するだけの話なので、消費者にとって不利益なことにはなりません。

それでは次に、楽天Edyのオートチャージ機能を設定するきっかけとなった出来事をご紹介しながら、その理由についてお伝えします。

楽天Edyのオートチャージ機能を設定することにした理由4つ

楽天Edyのオートチャージ機能を設定することにした理由には、

  • 楽天Edyを利用する回数が増えてきたから
  • オートチャージを設定してもEdyキャンペーンが適用されることがわかったから
  • 楽天Edyで支払うとポイント還元率が大きくなることがわかったから
  • 普段よく利用するウエルシアでもオートチャージできることがわかったから

という4つがあります。

オートチャージ機能を設定することになった理由を詳しくお伝えします。

楽天Edyを利用する回数が増えてきたから

楽天Edyを利用する回数が増えてきたので、単純にその都度チャージするのが「メンドウ」に感じるようになってきたからです。

楽天Edyで支払うメリットには、

  • クレジットカードよりもお会計が早くてレシートが短い
  • 小銭あったかな?あー1円足りない!と、いちいち思考しなくて済む
  • シャリ~ン♪が楽しい

というものがあるのですが、この魅力にすっかりハマってしまったので、カードや現金を使う頻度がぐっと落ちました。

最初は3万円くらいチャージしたので残高不足になることもありませんでしたが、使い続けるうちに残高不足が発生するようになってきたので「(オートチャージを設定したら便利なんだろうな…)」と徐々に意識するようになりました。

オートチャージを設定してもEdyキャンペーンが適用されることがわかったから

2つめの理由として、楽天Edyにオートチャージ機能を設定しても設定金額を工夫すればEdyキャンペーンが適用されることがわかったからです。

オートチャージ機能を設定する前は残高不足を防ぐために常に1~3万円前後がチャージされている状況だったので、オートチャージ機能を設定してしまうとチャージをコントロールできなくなり、かえってキャンペーンが適用されないと思っていました。

しかも「楽天カードからEdyへ直接チャージする」には「オートチャージ」も含まれるんですよね。

「いつでもチャージ」と「都度チャージ」だけかと勘違いしていました…笑

しかもEdy残高を常に1,000円未満にしておけば、常にオートチャージがされることになるため、キャンペーンにエントリーしておけば「Edyオートチャージ1回以上」という条件を簡単にクリアすることができます。

わたしの楽天Edyは「1,000円以下になったら1,000円チャージする」というオートチャージ設定になっているので、常にカツカツです笑

2,000円以上のお買い物ができない状態になっているので、ぜったいに使い過ぎることはありません笑

楽天Edyで支払うとポイント還元率が大きくなることがわかったから

「EveryDayEdyキャンペーン」なら、オートチャージを設定した楽天Edyで1日100円以上のお買い物をすれば5ポイントを受け取ることができます。還元率にすると5.0%です。

ところが「EveryDayEdyキャンペーン」を適用しないと、200円で1ポイントなので還元率は0.5%になってしまいます。

今までずっと還元率0.5%で楽天Edyを使っていました…

もしオートチャージ機能を頑なに拒否し続けていたらと思うと、早く気が付いて本当によかったと思います。

普段よく利用するウエルシアでもオートチャージできることがわかったから

最後の理由ですが、普段よく利用するウエルシアでもオートチャージできることがわかったからです。

Tポイントも貯まるウエルシアで楽天Edyのオートチャージもできるなら、こんなに便利なことはありません。

24時間営業のウエルシアも増えてきたので、コンビニよりも利用回数が多いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

楽天Edyを使ってウエルシアでお買い物をするだけで、

  • Tポイント(100円で1ポイント)
  • 楽天カードからEdyチャージで2倍ポイント(1,000円チャージなら10ポイント)
  • オートチャージ1回以上で200ポイント
  • EveryDayEdyキャンペーンで5ポイント
  • 楽天Edy利用ポイント(200円で1ポイント)
  • エコポイント2ポイント

を貯めることができます。

例えばウエルシアで1日200円のお買い物を30日続けたとしたら合計6,000円になるので、

  • Tポイント60ポイント
  • 楽天カードからEdyチャージで60ポイント
  • オートチャージ1回以上で200ポイント
  • EveryDayEdyキャンペーンで150ポイント
  • 楽天Edy利用ポイント30ポイント
  • エコポイント60ポイント

合計560ポイントが貯まることになります。このペースで1年間お買い物をしたら6,720ポイントですよ!どうりでお金がどんどん貯まっていくと思いました。

さいごに

オートチャージ機能のデメリットとして「使い過ぎ」の注意喚起をよく見かけますが、設定金額を「1,000円以下になったら1,000円チャージする」にすれば、キャンペーンも適用されるし、使い過ぎによる無駄遣いも防げることがわかりました。

ただ、この状態だと2,000円以上のお買い物ができないので、そのときはカード決済を選択するようにしましょう。

「1,000円以下になったら1,000円チャージする」は少額のお買い物の際に威力を発揮します。

そして楽天カードのEdyキャンペーンはほぼ毎月開催しているキャンペーンなので、今から楽天カードと楽天Edyを始めても遅すぎることはありません。

オートチャージ機能を設定しても使い過ぎが防げる楽天Edyは、楽天カードを申し込むだけで誰でもカンタンにすぐに使えて便利です。

>>ポイントがざくざく貯まる楽天Edyが一体化している楽天カードは入会キャンペーン中の今がチャンス

クリック嬉しいです!応援してくださると励みになります♪
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ